スマホ代の節約

スマホ代の節約

スマホを格安で使おう

スマートフォンを使い始めて気になることといえば、月々の通信料。
なぜスマートフォンはガラケーに比べて高いのでしょうか。
主な理由は2つあります。

 

まず最低支払い金額が高いこと。
スマートフォンでは、パケット定額プランへの加入は事実上必須となります。
そうすると、どの通信会社でも毎月6,500円程度は支払わないといけません。

 

次に、音声通話料金が高いこと。
スマートフォン向けのプランには無料通話分がありません。
さらにガラケーよりも音声通話の料金が高めに設定されているため「3日に1回5分程度の通話をする」という人は、音声通話料だけで毎月4,000円の費用が発生します。
スマートフォンでは、ガラケーと同じような使い方をしていても、合計すると1ヶ月の支払いが10,000円を超えることは珍しくありません。

 

■MVNOを使ってスマートフォンお得に使う
「MVNO」とは簡単に言うと「品質は低いが安い」というサービスを提供している会社です。
ドコモやソフトバンクを一流ホテルに例えると、MVNOはビジネスホテルやカプセルホテルのようなものといえるでしょう。
このサービスを賢く使うことで、毎月最低でも6,500円だった携帯電話代を2,000円程度まで下げることができます。

 

■注意点
多くのMVNO業者は、ドコモのスマートフォンであれば特別なことをしなくても、申し込みと少しの作業で利用可能です。
auやソフトバンクのスマートフォンは使うことができません。
この場合SIMフリーの端末を用意する必要がありますが、やや難易度が高くお金もかかります。

 

■MVNOを使うデメリット
「通信できるデータ量」「申し込みや手続きの手間」というところがネックになります。

 

今回はMVNOプランのうち、IIJmioという会社が提供している「みおふぉん」を前提とします。
https://www.iijmio.jp/campaign/miofone/

 

(1)「通信できるデータ量」について
ドコモやソフトバンクで主流のプランは、毎月「7GB」まで速度制限無し、それを超えると通信速度が「128kbps」。
「みおふぉん」では毎月「1GB」まで速度制限無し、それを超えると通信速度が「150kbps」。

 

「1ヶ月1GB」という数字はピンときませんが、だいたいの目安としては次の使い方を参考にしてください。
・動画サイト(YouTube等)…×早ければ1時間程度の視聴で1GBを超えます。
・FaceBookやTwitter…△頻繁に利用すると、月の中頃では1GBを超えることがあります。
・メールやLINEによるテキストメッセージ…○よっぽど大きな写真を何枚も送らない限り、1GBを超えることは少ないです。

 

「150kbps」という通信速度で出来ることの目安は次の通りです。
・動画サイト(YouTube等)…△かなり画質が悪くなり、再生も途切れがちになります。
・FaceBookやTwitter…△特に写真の読み込みが遅くなりますが、おおむねストレス無く使えます。
・メールやLINEによるテキストメッセージ…○写真を送るときは少し遅くなりますが、実際に使う時にはあまり気にならないでしょう。

 

通信速度について補足しておくと、LINEなどの音声通話は「150kbps」の通信速度でもおおむね可能です。

 

また自宅にインターネット回線をお持ちの方は、それにWiFi接続することで通信量を節約することができます。
(自宅のインターネット回線での通信は「1ヶ月1GB」とは別の扱いになります)

 

(2)「申し込みや手続きの面倒さ」について
感覚的には「ドコモショップで店員さんが何も案内してくれない状態」を想像してください。
この点の煩雑さは「安かろう悪かろう」だと割り切る必要があります。

 

■MVNOで解決できない問題
MVNOのサービスを利用しても音声通話は安くなりません。
しかしスマートフォン向けの格安音声通話サービスが次々と登場していますので、そちらを併用するとさらにおトクに利用することができます。
先に例で上げたLINEなどの音声通話を使って無料で済ますこともできますし、固定電話やLINEを使っていない人に電話をかける場合は「楽天でんわ」や「050プラス」といった様々なサービスが提供されています。

 

■その他のリスク
携帯電話が故障した場合、自分で解決する必要があります。
スマートフォンの修理は困難なので、現実的には買い替えとなるでしょう。
最近は中古のスマートフォンを販売する店舗やネットショップがたくさんあるので、そういったお店を利用すると良いでしょう。

ホーム RSS購読